採用トップ > 営業職 > 藤岡 宏光
営業職

世の中の困りごとを
マシンビジョン技術で解決する

藤岡 宏光

ITANZI 製品企画部
2019年入社

   

My Works

主に製造業のお客様に対して、ものづくりの現場が抱える様々な課題を解決しています。 その内容は多岐にわたります。
私は主に製品検査工程の自動化をテーマに活動していますが、一朝一夕に解決できるものではありません。それらをカメラやレンズなどのハードウェア、AIや画像処理プログラムなどのソフトウェア、場合によってはオリジナル設計した装置などを組み合わせることで、一つのシステムとして構築し、提案しています。

ポジティブな面

どの手法が最適解であるか開発部の皆さんと一丸となって模索しながら検討を進めていくので、まだ世の中に存在しないシステムを作ることもあります。なんとか納品にこぎつけ、お客様に満足いただけたときは感慨もひとしおです。
最近は製品企画部として、案件規模にとどまらない全社的な規模におよぶ製品企画に携われるようになったことが嬉しいです。

ネガティブな面

商談資料の作成を依頼されることもしばしばあり、出張も多いため、忙しすぎて手が回りきらないことがしばしばあります。優先順位をつけてこなすため、全てを器用にこなせない自分にもどかしさを感じることもあります。

入社の理由

「新卒を大切にしよう」という気持ちが伝わってきたからです。

大学では経済学を学びましたが、就職先の業界は絞らず、様々な企業博覧会に足を運びました。テクノホライゾンの方は積極的にコミュニケーションをとってくれて、話しやすかったです。入社面接は、受けた企業の中で一番フランクでした。

内定者に対して、自社の展示会や先輩社員との懇談会への招待など、会社に慣れる良い機会を作ってくれます。また、社員の皆さんは「人」が良いです。私は未だに専門的なことが分からず質問することが多々ありますが、仕事の合間を縫って教えてくれる面倒見のよい方ばかりです。今後は自分が人に教えられるようになりたいと考えています。

今後の目標

技術と言語の知識をさらに深めていくことです。

今はまだ開発部の方に営業同行いただくことが多く、お客様との打合せの際には技術的な内容の説明において助けてもらうことが多々あります。今後は技術のわかる営業として、お客様とのやり取りの際に開発部の方に都度聞かずとも、提案内容に関するあらゆる質疑応答に対しより迅速に回答できるようになりたいです。

また業務の関係上、海外の方とのやり取りが頻繁にあります。取り扱うソフトウェアのベンダーとのメール対応や、海外の展示会に出展する際のお客様対応などが主な例です。そうした状況下でスムーズに意思疎通ができるよう、外国語のスキルを高めていきたいと考えています。

Schedule Of One Day

Start

7:10-  朝食 大抵はパンとコーヒーです。マグカップが気に入っています。

8:20-  出社 PCを立ち上げてメールチェック。仕事モードに入ります。メールと一緒にその日のスケジュールも確認。

7:00

10:00-  社内打合せ 次回の展示会に向けて資料作成しつつ、社内の調整にまわります。

12:10-  昼食 同僚と会社近くのお店に行くことが多いです。この日はうどんを食べました。

10:00

16:30-  社外打合せ 海外のサプライヤーと定期的な情報交換をします。外国語を活用することも。

19:30-  退社 雑務を済ませつつ、だいたいこの時間帯に退社します。

16:00
End

Outside Works

ペットの猫

実家で飼っているロシアンブルーのクムです。たまに実家に帰ると、ひざの上に飛び乗ってきます。憎めない可愛さです。

ドライブ

車を運転することがとても好きです。今はコロナで自粛していますが、車で友人と出かけることが何よりも楽しいです。

語学習得

今はドイツ語と韓国語に興味があります。普段接している海外のサプライヤーの方ともっと仲良くなりたいです。

Message

営業部に所属していると、実に様々な方と関わることが出来ます。その関わりを通じて、どんな仕事もたった1人でできるものではなく、多くの人が関係して成し遂げていくものであることを痛感しています。
時には自分の言葉や意図がうまく伝わらなかったり、一生懸命取り組んだことが成果に結びつかなかったりと、壁に直面することもあります。そんな時も決して絶望することなく、周囲に相談することで解決の糸口が見つかるかもしれません。肩の力を抜いて社会人生活をこれからも楽しもうと思っています。