TECHNO HORIZON GROUP
テクノホライゾン公式Twitter
テクノホライゾン公式YouTube

TECHNO HORIZON CO.,LTD. テクノホライゾン株式会社

テクノホライゾングループ ソリューションフェア 2021 in 東京 【展示会】

テクノホライゾングループ ソリューションフェア 2021 in 東京 展示会 メインビジュアル

テクノホライゾングループでは、この度 「ONE TECHNO HORIZON ~変革と共生~」 をテーマとした自社グループ展示会 「テクノホライゾングループ ソリューションフェア 2021 in 東京」 を開催いたします。

本フェアではグループが重点市場と定める、「教育・IT」「FA」「医療・ヘルスケア」「安全・生活」の4つのシーンで、グループシナジー効果を活かした製品やシステムで新たなビジネスモデルをご紹介いたします。

この機会をご利用いただくことにより、皆様方の新しい発見につながることを願っております。
皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場賜りますようお願い申し上げます。

参加申し込み

開催概要

名  称 テクノホライゾングループ ソリューションフェア 2021 in 東京
会  期 2021年4月7日(水)・8日(木) 10:00〜17:00
会  場 東京ドームシティ プリズムホール
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3−61
公式サイト:https://www.tokyo-dome.co.jp/prism/


参加費用 無料
参加方法 事前申込制
※当日は必ず名刺をご持参ください。
※会期当日の会場での参加受付も可能ですが、混雑が予想されるためあらかじめ申し込みのうえお越しください。
主  催 テクノホライゾン株式会社


フェアテーマと展示内容、注目セミナー

ONE TECHNO HORIZON ~ワン・テクノホライゾン 変革と共生~

時代変革により、ひたすらに経済成長を追い求める資本主義は終わりを告げ、
パートナーやステークホルダーと共に歩む、共生の時代を迎えました。
「ONE」、一つの集合体企業となるテクノホライゾンはグループシナジーを結集した価値ある製品群で、
共生の時代を歩む未来ソリューションを提案いたします。

展示内容

ものづくりのエキスパートとして価値ある製品を生み出すテクノホライゾングループでは、重要視する4つの市場に向けて、グループシナジー効果を活かした製品やシステムを創出し、新たな世界を切り拓いています。
当フェアにおきましても重点市場ごとに以下の3つのコンセプトに基づいた製品やソリューションをそれぞれ展示しております。

● テクノクラウドを核としたワンストップソリューション
● ニューノーマル時代に活用できる映像系ITソリューション
● 企業のIT化を促進させるテクノ流DXソリューション

教育・IT FA 医療・ヘルスケア 安全・生活

教育とIT

教育とITの分野では、新しい価値を創造する各種ソリューションをご紹介しております。
ニューノーマル時代に対応したハイブリットな教育、会議、コラボレーション環境の提供。
意思決定プロセスをDX化し、データドリブン経営を実現するための企業向けソリューションなどを展示いたします。

MIRUを変えるソリューション

MIRU(視る,観る,看る)をテーマに教育、FA、安全・生活分野などで活用可能な各種ソリューションをご紹介いたします。


主な展示製品

●ICT教育ソリューション
 ・学び方を伝えるICT化の第一歩
 ・1人1台端末を生かした協働的な学び
 ・はじめてのプログラミング教育
 ・オンライン授業とハイブリッド教室
●AVシステムソリューション
●会議室や空き教室のスタジオ化
●コラボレーションソリューション
 ・映す・書く・繋がる デジタルホワイトボード
 ・手元カメラによる遠隔作業支援
 ・建設業向け施工・入退出管理クラウドシステム
●経営戦略ソリューション
 ・予算策定から商談までのデジタル化
 ・ERPデータ活用と業務プロセスの分析
●システム開発サービス

教育・IT市場 注目セミナー1

SDGsを社内と事業に浸透させ、利益につなげるには?

4月7日(水)・8日(木)
講師:プロジェクト「From」代表 2030SDGsカードゲーム公認ファシリテーター / SDGs de 地方創生公認ファシリテーター 横山 泰治 氏




様々な経歴を経て、現在はITを活用した地域情報化や青少年健全育成・若年者就労支援のNPOで役員として活動しながら、NPOの設立運営、官民連携共創、 SDGs推進のコーチ、講師、ファシリテーターとして全国で活動。日経BP課長塾®で講師を務める岸英光氏が統括責任者のコミュニケーショントレーニングネットワーク®でも講師として活動。


教育・IT市場 注目セミナー2

家庭用ロボットとスマートホーム構想について

4月8日(木)
講師:アイロボットジャパン合同会社 マネージャー 竹迫 大佑 氏




アイロボット社は、世界を変えるロボットを設計、製造しています。
“Empower people to do more”というミッションのもと、人間の代わりに働き、人間を自由にする、そんな実用的なロボットを生み出し続けています。マッピング&ナビゲーション、人とロボットの交流、物理的ソリューションなど、最先端の技術開発を行っており、今回はロボットとデータのエコシステムの構築を目指した取り組みについてご紹介させていただきます。


教育・IT市場 注目セミナー3

SAPが実現するIntelligent Enterprise ~デジタルが変える企業の日常とは

4月8日(木)
講師:SAPジャパン株式会社 様(オンライン講演)

「自動化・省力化・見える化」スマートファクトリー

スマートファクトリー化の総合実現。生産ラインの効率化、DX(デジタルトランスフォーメーション)を図れるアイテム・ソリューションを紹介します。

MIRUを変えるソリューション

MIRU(視る,観る,看る)をテーマに教育、FA、安全・生活分野などで活用可能な各種ソリューションをご紹介いたします。


主な展示製品

●サーボドライバ&AGV
●Robotコントローラ ITZ3000
●外観検査Visual Check Eye
●残留物検知/Mold Check Eye
●倣いロボットシステムデモ
●TABLET Communicator
●エッジコンピュータ外観検査ソリューション
●マシンビジョンカメラ/CoaXPress TDIラインスキャンカメラ
●マシンビジョンカメラ/CoaXPressエリアスキャンカメラ
●マシンビジョンカメラ/SWIR帯域プリズムカメラ
●マシンビジョンカメラ/ハイスピード、高解像度対応、他
●マシンビジョンレンズ
●画像つなぎソフト
●3D計測用プロジェクター
●レンズゲートカット機/画像検査装置

FA市場 注目セミナー1

●深層学習における判断根拠の視覚的説明と活用(4月7日(水)オンライン講演)
●AI×ロボット -産業用ロボットの知能化-(4月8日(木)登壇)

講師:中部大学 工学部 ロボット理工学科 / 藤吉 弘亘 教授




「深層学習における判断根拠の視覚的説明と活用」
深層学習は画像認識分野において高い性能を達成し,AIの理解として,認識する際の判断根拠を視覚的説明として可視化する研究が進んでいる.視覚的説明は,人が深層学習の判断根拠を理解しやすいような形で可視化できるだけでなく,認識精度を向上させたり,人の知見を深層学習に導入したりできる.本講演では,Attention Branch Network による判断根拠の視覚的説明について紹介し,外観検査を例に人の知見を取り入れる仕組みや強化学習への応用も合わせて紹介する.

「AI×ロボット -産業用ロボットの知能化-」
ロボットの知能化にAI技術である深層学習の利用が進んでいる.本講演では,Amazon社が主催したロボットによる物流の自動化を目的とした競技会Amazon Robotics Challengeでの取り組みを紹介しつつ,深層学習のロボット応用の最新動向と課題について紹介する.

講師プロフィール
1997年 中部大学大学院博士後期課程修了
1997年 カーネギーメロン大学ロボット工学研究所Postdoctoral Fellow
2000年 中部大学工学部情報工学科講師
2004年 中部大学准教授
2005年 – 2006年 カーネギーメロン大学ロボット工学研究所客員研究員
2010年 – 現在 中部大学教授
人工知能、深層学習、画像認識、視覚的説明に関する研究に従事


FA市場 注目セミナー2

エッジAIを実装で現場を変えるJetsonプラットフォーム

4月7日(水) 講師:エヌビディア合同会社 オートノマスマシン事業部 ビジネスデベロップメントマネージャー / 大岡 正憲 氏(オンライン講演)
4月8日(木) 講師:エヌビディア合同会社 オートノマスマシン事業部 ビジネスデベロップメントマネージャー / 梅本 将範 氏(オンライン講演)




ICTで支える介護・医療現場

介護従事者が不足するなか、職員の負担軽減や介護ケアの質の向上と言う両面を補うため、介護・医療現場のICTの導入が必至です。
睡眠みまもりシステム「みまもり~ふ」を軸に介護施設のICT化促進いたします。


主な展示製品

●睡眠見守りシステム「みまもり~ふ」
●HitomeQケアサポート
●介護用移乗・移動支援機器「Keipu」
●医療機器開発・製造支援

医療・ヘルスケア市場 注目セミナー1

睡眠見守りシステムの導入事例について

4月7日(水)
講師:医療法人社団 明寿会 / 理事長 福田英道 氏 ※コロナ状況によりリモート講演の可能性あり




「睡眠見守りセンサーを主に施設入所中の認知症の利用者に使用し、離床検知、心拍数・呼吸数のリアルタイムモニター、夜間不眠に対する薬物の客観的効果判定など、当法人での得られた知見について紹介します。更に、このセンサーの使用評価を職員へのアンケート調査で行ったので、その結果についても報告します。」


医療・ヘルスケア市場 注目セミナー2

介護業界のDX(デジタルトランスフォーメンション)について

4月7日(水)・8日(木)
講師:コニカミノルタ株式会社 QOLソリューション事業部 事業戦略部 グループリーダー / 斉藤朋之 氏




介護業界では、介護報酬改定影響もありICT化が急速に進んでいる。コニカミノルタでは、画像IoT技術を基に、介護施設のスタッフのワークフローを根本から変え、業務を効率化する”HitomeQ ケアサポート”を展開。
本講演では、介護業界のICT化の動向とHitomeQ ケアサポートの展開例を紹介します。


WITH/POSTコロナ時代の「モビリティ&リモート」ソリューション

社会の利便性や安全性を高めるために、車載機器や監視カメラ、決済端末機などのハードウェアアやクラウドサービスを特徴的な技術と共に市場へ提供いたします。

映像監視管理ソリューション

セキュリティカメラ機器、クラウドカメラ、ウェアラブルカメラ、サーマルカメラを各種展示。
生活の安心・安全のお手伝いや、ビジネスの管理等にお役立ていただける機器・サービスを、お客様の多様なニーズに合わせ、柔軟にご提案いたします。

MIRUを変えるソリューション

MIRU(視る,観る,看る)をテーマに教育、FA、安全・生活分野などで活用可能な各種ソリューションをご紹介いたします。


主な展示製品

●クラウドサーバー型カメラシステム
●ウェアラブルカメラEW-1遠隔作業支援
●監視カメラシステム
●サーマルカメラシリーズ
●次世代クラウドカメラ
●遠隔作業支援/遠隔臨場対応システム(テクノクラウド対応)
●顔認証 × IDソリューション
●360度通信型ドライブレコーダー
●デジタル運行記録計 GFIT-X
●車載・FA 対応 IoT ゲートウェイ PBOX
●超小型ビルトインプロジェクター
●人追尾センサ応用エリア検出ソリューション
●小型高輝度照明応用ソリューション
●光学調整装置
●成型金型/精密加工部品/レンズユニット

安全・生活市場 注目セミナー

自動運転の世界

4月7日(水)・8日(木)
講師:先進モビリティ株式会社 代表取締役 青木 啓二 氏




参考動画


講師経歴
・1971年3月 日本大学理工学部電気工学科卒業
・同年4月 トヨタ自動車入社
・1998年トヨタ自動車IT・ITS企画部にて2004年「愛・地球博」用自動運転バス「トヨタIMTS」の開発を担当
・2008~2012年 一般財団法人日本自動車研究所(略称:JARI(ジャリ))にてNEDO(ネド)「エネルギーITS推進事業」の自動運転・隊列走行技術の開発を担当
・2014年6月 先進モビリティ株式会社を設立

先進モビリティ株式会社
東京大学生産技術研究所の次世代モビリティ連携研究センターの技術を基礎に研究は大学で継続しつつ、事業化による社会貢献を目指す東大発のベンチャー企業です


参加申し込み

4月7日(水) セミナースケジュール

公演名 講師名 公演時間
深層学習における判断根拠の視覚的説明と活用 中部大学 工学部 ロボット理工学科 / 藤吉 弘亘 教授(オンライン講演) 10:30~11:15
自動運転の世界 先進モビリティ株式会社 代表取締役 / 青木 啓二 氏 11:25~11:55
工場経営革新に向けたDX(デジタルトランスフォーメーション)の活用および事例 / ソリューション紹介 タイテック 事業推進部 エキスパート / 鳥居 陽一郎 12:50~13:10
コロナ禍におけるウェアラブルカメラを用いた遠隔臨場システム ファインフィットデザインパニー 営業2部 / 西村 淳 13:20~13:40
エッジAIを実装で現場を変えるJetsonプラットフォーム エヌビディア合同会社 オートノマスマシン事業部 ビジネスデベロップメントマネージャー / 大岡 正憲 氏(オンライン講演) 13:50~14:20
SDGsを社内と事業に浸透させ、利益につなげるには? プロジェクト「From」代表 2030SDGsカードゲーム公認ファシリテーター / SDGs de 地方創生公認ファシリテーター / 横山泰治 氏 14:30~15:00
睡眠見守りシステムの導入事例について 医療法人社団 明寿会 / 理事長 福田英道 氏
※コロナ状況によりリモート講演の可能性あり
15:10~15:40
介護業界のDX(デジタルトランスフォーメンション)について コニカミノルタ株式会社 QOLソリューション事業部 事業戦略部 グループリーダー / 斉藤朋之 氏 15:50~16:20
建設業の働き方改革とらくらく現場(仮) アイティエル クラウド・サービス部 / 城 勇生 16:30~16:50

※オンライン講演は会場のみの配信となります。一般公開はございませんのでご注意ください。
※セミナースケジュールは事情により変更になる可能性があります。予めご了承ください。

4月8日(木) セミナースケジュール

公演名 講師名 公演時間
自動運転の世界 先進モビリティ株式会社 代表取締役 / 青木 啓二 氏 10:20~10:40
Withコロナの時代の経営管理(仮) システムカンパニー ERP事業部 / 菅沼 欣之 10:55~11:15
エッジAIを実装で現場を変えるJetsonプラットフォーム エヌビディア合同会社 オートノマスマシン事業部 ビジネスデベロップメントマネージャー / 梅本 将範 氏(オンライン講演) 11:30~12:00
AI×ロボット -産業用ロボットの知能化- 中部大学 工学部 ロボット理工学科 / 藤吉 弘亘 教授 12:50~13:35
SDGsを社内と事業に浸透させ、利益につなげるには? プロジェクト「From」代表 2030SDGsカードゲーム公認ファシリテーター / SDGs de 地方創生公認ファシリテーター / 横山泰治 氏 13:50~14:20
介護業界のDX(デジタルトランスフォーメンション)について コニカミノルタ株式会社 QOLソリューション事業部 事業戦略部 グループリーダー / 斉藤朋之 氏 14:30~15:00
家庭用ロボットとスマートホーム構想について アイロボットジャパン合同会社 マネージャー / 竹迫大佑 氏 15:10~15:40
SAPが実現するIntelligent Enterprise ~デジタルが変える企業の日常とは SAPジャパン株式会社 様(オンライン講演) 15:50~16:20
工場経営革新に向けたDX(デジタルトランスフォーメーション)の活用および事例/ソリューション紹介 タイテック 事業推進部 エキスパート / 鳥居 陽一郎 16:30~16:50

※オンライン講演は会場のみの配信となります。一般公開はございませんのでご注意ください。
※セミナースケジュールは事情により変更になる可能性があります。予めご了承ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策について

本展では、徹底したコロナ対策を実施します。みなさまに安心してご観覧いただけるよう、 ご来場の際はマスクの着用・検温・手指の消毒にご協力をお願いいたします。
また、厚生労働省が推奨する新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のご登録をお願いいたします。


※ 下記に該当する方は、本展には入場できません。

・37.5℃以上の発熱がある方や、体調がすぐれない方(味覚・嗅覚異常を含む)
・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方

※ 今後の新型コロナウイルスの感染状況等の変化に応じて、急遽開催を中止させていただく場合もあります。
  ご理解・ご協力をお願いいたします。

よくあるご質問

展示会の参加方法を教えてください
こちらの申し込みフォームに必要事項を記入してください。
申し込み後、ご記載いただいたメールアドレスに受付案内が届きます。
そこに記載されている受付番号を当日の来場受付時にお伝えください。

※ご来場受付時にお名刺を頂戴いたしますので、必ずご用意をお願いいたします。
受付番号を紛失したが入場できますか?
来場受付にて、名刺などお客様を特定できる情報をもとに照会を行います。
その際、口頭にてご質問させていただく場合もございますので予めご了承ください。
事前に参加申し込みをしなくても参加できますか?
当日受付にて参加受付をすることも可能です。
ただし受付対応に通常よりお時間がかかるうえ、時間帯によってはさらにお待ちいただく可能性がございます。
スムーズな受付処理のためにも事前のお申し込みにご協力ください。
参加者はどのような新型コロナウイルス対策をすれば良いですか?
● 必ずマスク着用でのご来場をお願いいたします。
● 開場時間前の来場はお控えください。
● 開場時間直後の混雑時間を避けたご来場をお願いいたします。
● 場内設置のアルコールでの定期的な消毒、手洗いをお願いいたします。
● 場内ではソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。
メールで届く案内を停止したい
当グループからの配信メールは、以前に当グループ社員と名刺交換をさせて頂いた方、展示会にご来場いただいた方を対象にお送りさせて頂いております。
今後配信を希望されない方はメール内にある配信停止希望リンクから停止依頼をしてください。
尚、事前に配信停止させていただいたお客様が今回の展示会にご来場いただいた場合、次回開催の際には改めてご案内メールをお送りすることがございますので予めご了承ください。

参加申し込み

関連リンク

テクノホライゾングループ公式Twitter

公式ニュースの他、製品情報や展示会情報などを発信しています。

テクノホライゾングループ公式YouTube