採用トップ > WEB制作 > 鶴田 光香
WEB制作

ポジティブに情報を伝える

鶴田 光香

経営企画部
2020年入社

   

My Works

主にグループ会社や会社のWEBコンテンツの制作・運営をしています。担当部署の希望やイメージをヒアリングし、スケジュールを立てて打ち合わせを重ねながら制作していきます。
展示会の特設サイトやこちらの採用サイトのようにゼロから制作するものもあれば、社内外のデザイナーと分担して制作するものもあります。
時には、サイト内で使う写真を自ら撮影することもあります。

ポジティブな面

作ったものを多くの方に閲覧してもらう前に、制作途中で身近な人に感想を言ってもらえるところです。

見る人によって意見は様々ですが、共通して言われることは大体改善の余地があるので、自分では気づけなかった部分を指摘してもらえ、新たな気づきがあった時に新鮮さを感じます。

WEBは写真と文字を配置して情報を伝えるものですが、見せ方によって印象が大きく変わるところも面白いと思います。担当部署の意図をきちんと汲めた上で自分も満足するものが出来たときは、達成感があります。

ネガティブな面

デザインや構成も含めてトータルで制作を任せてもらえた時は、嬉しい反面、不安だったり孤独を感じるときもあります。

いろんなWEBサイトを参考にしてイメージを固めるのですが、方向性が定まるまでは悶々と考える時間があり、産みの苦しみを感じます。
どのような構成にしたら分かりやすく伝えられるのか、担当部署の反応が分からないまま仮制作し、レビューでOKをもらえるまでは不安になったり… 自分の気の小ささを感じます(笑)

入社の理由

私は会社のインハウスデザイナーという枠で、中途入社しました。
今までWEB制作会社で働いたことがなく、会社のWEB制作をほぼ一人で担当するという立場を続けてきたので、複数のグループ会社から成るテクノホライゾンが今まで外注に任せてきたWEB制作を自分がどこまで内製化できるのか、という点にやりがいを感じました。

高校で理系を専攻し、大学は電気電子工学科を卒業したこともあり、電子機器を主に扱っていることにも親しみがわきました。オフィスは清潔感があり、グループ会社が一つのフロアで垣根なくやり取りしていることも新鮮でした。

人事の方も親切で、素の自分で受け答えできたことも大きかったと思います。

今後の目標

コミュニケーション能力と技術力を高めることです。
経営企画部は年に2回大規模な展示会を運営しており、グループ全体でイベントを成功させるために細かな依頼をしたり、情報をまとめて共有する機会が数多くあります。その一部を担う中で、もっと上手にコミュニケーションをとって、段取り良く物事を進めていきたいと思います。

継続してTOEIC受験している英語スキルも上達して、海外の人とも仕事を通して関われるようになりたいです。

WEB制作においては、日々進化する技術に置いて行かれないように新しい情報を吸収し、必要があれば習得して閲覧者にポジティブな印象を残せるものを作りたいです。

Schedule Of One Day

Start

6:30-  起床・準備 テレビを観ながらしっかり朝ごはんをとって、身支度。たまに二度寝すると焦ります…

8:30-  出社 メールを確認し、その日のスケジュールを立てます。大事なことは、カレンダーに書いておきます。

6:00

10:00-  打合せ 新しいサイト立ち上げの打ち合わせ。社内関係者の要望を聞いて希望を把握します。

12:00-  昼食 手作りのお弁当を食べます。健康にいいと思い、面倒ですが続けています。

10:00

13:00-  制作作業 WEBサイトの概要が決まり次第、実際に手を動かして仮制作し、次のレビューに備えます。

17:30-  退社 会社の近くの図書館で漫画を読んでから帰るのが最近のブームです。

13:00
End

Outside Works

自炊

健康と節約のために、自炊しています。スマホアプリのレシピで美味しそうなものがあると試しています。

エアリアルヨガ

週に一度、ハンモックを使ったヨガスタジオに通ってリフレッシュしています。無になる時間が大切。

ジェルネイル

過去にネイリスト検定1級をとっていたこともあり、たまにセルフネイルしています。ネットで色んなアートを見るのも楽しいです。

Message

閲覧者の顔を見ることができない仕事のため、相手にどういった印象を与えるかという客観性を持つよう、常に心がけています。
見る人の立場に立つためには、自分の小さなこだわりを捨てることも必要です。少しでもポジティブな印象を与えるため、細部まで丁寧に気を配ることを心掛けています。

仕事をしている中で投げ出したくなってしまう時もあると思いますが、小さな頑張りは成果物に必ず現れると信じていますし、見てくれる人もいると思います。
小さな真心や信念を大切に、仕事を続けたいです。